スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矛盾

  • 2014/05/08(木) 22:31:53

矛盾に苦しむときがあるかもしれない。
が、苦しめばいいし苦しまなくてはならないことを強いられている。


そこに気づいた時点であるいみ謙虚なひとだともいえる。
謙虚に注意深く生きていればたいていのひとはそこの壁に行き着くというものである。


謙虚でなく、注意深くなければそれにすら全く気づかず平然と他人や社会でおおまかに決まっているような所謂決まり事を鵜呑みにし、
それを疑うことなく安穏と過ごせてしまう。

要するに都合のいいことだけを聞いてそれは取り入れ、都合の悪そうなことには目を向けようともしないのである。



それよりも人間には二面あってまたその二面性があることは普通なのに、どちらか一方だけを突出させ、片方を押し込め綺麗事で片付けて平気でのうのうとしているような人種がいるとしたらそれのほうがおかしいのである。


必ず二面あり、頭ではこう考えている、と思っていても体がそうできなかったり、
社会的な立場上、口でいうことと、行動がちがったり、
理想と現実のギャップにせよ、本音と建前然り、
顔では笑って心では泣いていたりと、
矛盾することは日常のあちこちに転がっている。



当然矛盾はするわけだが当然だからとてそれに苦しまなくて開き直っていていいというわけではなく、むしろほとんどのひとはそこに葛藤や苦しみを憶えるわけである。

問題はそのズレ、乖離にどうするか、で乖離してはいけないと躍起になるあまりどちらか一方で他方を押し込めてごまかすような詐欺行為の方が大問題でありまた欺瞞というべきものではないだろうか。


苦しいかもしれないけれど生きていれば必ず自分が矛盾していることを自覚するときが普通はあるはずだ。


哲学的な解決策をみつけようとまでしなくとも良いにせよ、
その苦しみをごまかしてしまうことなく真摯に向き合い、自分なりの解決策を導き出そうとしていること、折り合いをつけようと苦悩していること自体、なんらおかしいことではなく、むしろその過程があればこそ、他人や社会のことがわかるようになってきたりするというものではないだろうか。


ひとは矛盾を抱えながら自身のなかで常に、葛藤という戦争状態のような攻防のあとに傷を負いながら生きているのである。

もしかすると、傷を負うことが人生なのだと言い換えていいのかもしれない。


スポンサーサイト

政治とは

  • 2014/03/15(土) 23:23:09

株価だけを上げておいて不満のカタマリにならないように布石を打っておき、
自分たちの税金をとることの目的は着々と遂行する。
そこだけはブラさない。

あんまりあからさまに明るさや希望がない状況で、めちゃくちゃ不景気なのに増税して叛乱精神に火をつける人間がでてきては困るから。

表面上は景気がいいと誤魔化せていると考える。

また多くのひとがそれに誤魔化されてしまう。
テレビや各メディアは今ならオリンピックとかお笑いやスポーツしか流さず肝心なことは報道しないようにしているのも、もういつものことだ。


体制は気づかれるのが困る。
知られて問題意識を持たれ、それが不満になるのがいちばん怖い。

しかし一般的な感覚はいつも強者が作り出す宣伝や策略にすっかり乗って享楽し楽観的になってしまう。


ひとは気分の悪いことが嫌いなわけで、
故に気分を害しそうなことは避けがちになる。
いちいち自ら首を突っ込んで気を揉むより他に楽しいことでもしようとする。


あるていど、プレッシャーをかけないと、世の中は強者の思うままに事を運ばれてしまう。

自分の人生を他人にコントロールされて、ヘラヘラしているようでは話にならない。

なににしても意識が大切であると思うよりほかはない。


意識。
享楽のなかからはなかなかでてこない。

といっていつも凝り固まったペシミズムのなかで生活するのもあまりに貧しい。

けれどある程度の注意、やはり意識する、という心づもりが大事だ。



まずはその少しの気づき、意識からでも為政者や役人に対してプレッシャーをかけなければならない。


056.jpg









こどもからおとなへ

  • 2014/01/18(土) 17:44:59

公園でちいさなこどもが無邪気に走り回ってたのしそうなのをみると、


自分もむかしちいさかったとき、
おなじようにしてたのしく遊びまわっていた。
それをおもいだす。



しかしそのときにもその十年後、二十年後の社会がどうなってゆくかの大筋のシステム等、そのときの時代の流れや政治の大局のなかで、
当然ある程度決まったりしていたわけだ。



かなしみはおくれてやってくる。



無邪気に遊びまわっていた自分をみているようで、
そのときにはなんにもわからない。





いつのまにかこどもたちの姿もなくなって、日もとっぷりと暮れだし、冬のつめたい風が樹々を揺すっている。



この風が、またなにかを残すのだろう。

「本」はなぜいまだになくならないのか

  • 2013/12/15(日) 01:27:48


100年ぐらいまえ、例えばテレビがなかった。
ラジオもほとんどなかった。


娯楽が少なかった。娯楽もそうだし物質自体少なかった。






二千云十年、あらゆる情報や娯楽は溢れかえっている。


なるほど本なんかより楽しいものはあちらこちらにありそうだ。



本なんぞとっくに時代遅れの仲間入りで、真っ先に淘汰される先頭でその身を脅かされていても良さそうだ。



それでも本を読むひとはいる。必要に思うひとが一定数いる。
なぜ必要なのだろう。


テレビもあり映画もある。ネットもあれば他にも娯楽や興味を引くものはそこらじゅうに散らばっているはずだ。


それでも本を読むというひとは、テレビのスイッチを押すのがとても面倒なのだろうか。


映画を見るとめまいでもし始めるのだろうか。。





本、にはいったいなにが書かれてあるのだろう?



そこに血の通った温度も、匂いもしない。笑い声も聴こえてこない。



本はなにも応答しない。本はいつも静かに、ただポンとある。


そこには微細で繊細な感覚や、そこにしかない想像の視覚的な世界がある。


音楽は聞こえない。がしかしなにかのリズムのようなものが、自分自身のなかに、無意識に流れているもののうえに乗っかかってきたりする。



そういえば人間は鼓動しているし、頭のなかで考えたりしてる言語も、しゃべり言葉も、瞬きするのも、歩くスピードやそのとき伝わる振動も、呼吸するのも、
なにかのリズムのようなものだ。

個人個人そこに各々のリズムがある。



ひとは知らぬ間に自分のリズムを持っている。





本はとても繊細で微弱な電波のようなものを出している。

とかく理性やモラル、知性に対してアクセスすることが多いかもしれない。




いまの世の中、微弱で繊細な種々事柄は、そうではないその対極の、ガサツで鈍重で、質の悪いだけの”速さ”やそれら”長きもの”が包摂しているかのような、
なにかそれらが前提にでもなっているかのように思わずにいられない。



大は小を兼ねる…とでも言いたげな、
小なんだから大に兼ねられて当然だ、というようにもみえる。



大は小を軽視している。

”大”は世の中の流れのなかでの多数派、多数的という、ただ人数が多いというだけのことに他ならない。


ひとつの形勢であり、必ずしも数の多さがイコール、正しいというわけではないのは当然のことでもある。


また、この場合の、”大”と”小”はそもそもマッタクの別もの、比べあうような類のものではないはずだ。







自分の欲するものを得ようとするなら、
ネットの動画の方が言いたいことが纏められていそうだし、便利で効率的かもしれない。

読まなくとも、聞いていればいいし親切だ。


映画の方がクリエイティビティに溢れ、なにか豊かな気持ちになれそうだ。


或いはテレビのほうが、バカ笑いしたりしてストレスを発散できるかもしれない。



本はときどき、いやしばしば、自分が求めたり、求めようと思っていることに直結しない要素がたっぷり織り込まれてある。
本を読むのはなかなか時間を費やす作業だ。


他者の温度感や声も聴こえず、次第に周りが静寂に囲まれ、たいていのひとが嫌がる孤独の領域に近いような場所に位置する空間かもしれない。







それでもあなたは本を読もうとするだろうか。

本にはいったいなにが書いてあるのだろう。

そこに、いったいなにがあるのだろうか。



持つ者、と持たざるものの関係はこれから悪化する

  • 2013/12/09(月) 00:46:26

資本主義もここまで来れば、あとは崩壊をも思わす、切羽の詰まった状態に感じてくる。


グローバル経済が崩壊するかもしれないとは、それなりに前々からきこえてきていたように思う。




グローバリズムとはつまり、持ちつ持たれつの関係のうえで、自由競争というともすればそこにユートピアでもあるかのような、ひとつの建て前の下、
資本を多く持つものが、”自分たちの自由に”できるシステムのことであったようだ。




強者はより強くなり、その強者の側に付着できない大多数は、富を得ることが難しくなる。


富どころか生活が追いやられるところまで、その格差が開き始めた。


格差は歪のことで社会に亀裂が入ったようなものだ。



建物の亀裂も修繕せずにずっと放っておけば崩壊の途を辿る。

堤防もありの穴から崩壊するといったりする。



亀裂が入った状態を放置しておけば、必ずや問題に発展する。



少なくとも歴史は歪や亀裂からずっと争ってきた。

歴史は戦争の繰り返しだ。争いの集積だ。






戦後、学生運動やらのひとつの騒乱があり、そのあとは消費社会を通過していく流れになった。


消費社会時代の社会主義的といわれる日本の状況がある意味で、かなり理想的だと思ったひとが多かったためか、未だにそのときの”良き時代”の感覚を持つひとも少なくない。



どこかに就職さえすればそれで安泰だ、というひとつの盲信みたいなものも、ここらあたりからきているように思う。



明日を煩わず、先を杞憂せず、生真面目に職場に出席さえしていれば、生活は保証されるという、そんな時代だったとしたら、それを通過してきた人間が親になった場合の、或いは学校の教師になった場合の子供に対する価値観の伝承がなされるようなとき、


学歴をつけて、とりあえずどこかに就職をしろ、となりやすいだろうことは容易に想像がつく。




いま、とりあえずどこかに就職しても、まったく安泰ではないし就職口自体がなかなかない。

時代はとっくに変わっている。


産業の発展なども、永遠に発展し続けるというものではない。
車も出始めは珍しかったとしても、買って所有して、また買い換えてというのを何度か繰り返すと、そこに価値をあまり感じなくなってくる。

もう車もなにか適当なのがあればそれでいいか、と。



他の商品や分野も同じで、一度買えばあとはそんなに要らなくなる。


そこに於いてひとの価値に対する思いの質が下がる。
そうなるとそれを作ってる企業は凋落し始める。



永遠に必要であり続ける価値というものも、なかなか難しい。




とはいえ、そのなかでも安定的に需要を生み出し供給し続ける企業もあるわけで、
そういうところが大資本になっている。


要は時代に関係なく、常に需要があるものを作っている、生み出している企業ということになる。



いまや、巨大な企業にもなれば、国家をも凌ぐ存在になっていて、資産家であれば、その資産を銀行などではなく、企業の株にして保有していることが多いのも、
”資本主義がどういうものなのか”、をよく理解している、というふうにいえはしないか。。



格差や自由競争は悪くない、にしても、それは前提の部分に、前置きとして、”フェアプレーならば”、というのがあればの話で、


資本主義の世界はとてもフェアプレーの場であるとは思えない。


資本力の少ない一般人と、巨大資本を持つ企業とで、フェアなわけがない。


そもそも人間の歴史にフェアプレーがあったことのほうが少ないのではないか?という思いさえ込み上げてもくるが。。



昔の戦争で使われた武器であった、銃や刀が、今は経済、金融に取って代わった。


”やり方”、も大きいが、やはり資本力がモノをいう世界ということだろう。


では資本を持たない大多数の一般人と、巨大資本をもつ企業や或いは金融関係やシャドーバンキングなどの側に付着している人間との間に大きな溝が、隔たりが顕著になってきたら、
デモや抗議を始めにし、最後は争い沙汰に発展していくのではないだろうか。



亀裂の溝が大きくなれば、争いになるだろう。



”資本主義”というものが、人間の欲を結果的に肯定したかたちだとすれば、
逆に蹂躙されたと感じた側の欲や衝動も同じように肯定されるときがくるとしたならば、
それは大問題が起こるときだ。



その日がいつくるかはわからないにせよ
またしても歴史は繰り返す、ということになるのだろうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。