FC2ブログ

矛盾

  • 2014/05/08(木) 22:31:53

矛盾に苦しむときがあるかもしれない。
が、苦しめばいいし苦しまなくてはならないことを強いられている。


そこに気づいた時点であるいみ謙虚なひとだともいえる。
謙虚に注意深く生きていればたいていのひとはそこの壁に行き着くというものである。


謙虚でなく、注意深くなければそれにすら全く気づかず平然と他人や社会でおおまかに決まっているような所謂決まり事を鵜呑みにし、
それを疑うことなく安穏と過ごせてしまう。

要するに都合のいいことだけを聞いてそれは取り入れ、都合の悪そうなことには目を向けようともしないのである。



それよりも人間には二面あってまたその二面性があることは普通なのに、どちらか一方だけを突出させ、片方を押し込め綺麗事で片付けて平気でのうのうとしているような人種がいるとしたらそれのほうがおかしいのである。


必ず二面あり、頭ではこう考えている、と思っていても体がそうできなかったり、
社会的な立場上、口でいうことと、行動がちがったり、
理想と現実のギャップにせよ、本音と建前然り、
顔では笑って心では泣いていたりと、
矛盾することは日常のあちこちに転がっている。



当然矛盾はするわけだが当然だからとてそれに苦しまなくて開き直っていていいというわけではなく、むしろほとんどのひとはそこに葛藤や苦しみを憶えるわけである。

問題はそのズレ、乖離にどうするか、で乖離してはいけないと躍起になるあまりどちらか一方で他方を押し込めてごまかすような詐欺行為の方が大問題でありまた欺瞞というべきものではないだろうか。


苦しいかもしれないけれど生きていれば必ず自分が矛盾していることを自覚するときが普通はあるはずだ。


哲学的な解決策をみつけようとまでしなくとも良いにせよ、
その苦しみをごまかしてしまうことなく真摯に向き合い、自分なりの解決策を導き出そうとしていること、折り合いをつけようと苦悩していること自体、なんらおかしいことではなく、むしろその過程があればこそ、他人や社会のことがわかるようになってきたりするというものではないだろうか。


ひとは矛盾を抱えながら自身のなかで常に、葛藤という戦争状態のような攻防のあとに傷を負いながら生きているのである。

もしかすると、傷を負うことが人生なのだと言い換えていいのかもしれない。


スポンサーサイト