FC2ブログ

「本」はなぜいまだになくならないのか

  • 2013/12/15(日) 01:27:48


100年ぐらいまえ、例えばテレビがなかった。
ラジオもほとんどなかった。


娯楽が少なかった。娯楽もそうだし物質自体少なかった。






二千云十年、あらゆる情報や娯楽は溢れかえっている。


なるほど本なんかより楽しいものはあちらこちらにありそうだ。



本なんぞとっくに時代遅れの仲間入りで、真っ先に淘汰される先頭でその身を脅かされていても良さそうだ。



それでも本を読むひとはいる。必要に思うひとが一定数いる。
なぜ必要なのだろう。


テレビもあり映画もある。ネットもあれば他にも娯楽や興味を引くものはそこらじゅうに散らばっているはずだ。


それでも本を読むというひとは、テレビのスイッチを押すのがとても面倒なのだろうか。


映画を見るとめまいでもし始めるのだろうか。。





本、にはいったいなにが書かれてあるのだろう?



そこに血の通った温度も、匂いもしない。笑い声も聴こえてこない。



本はなにも応答しない。本はいつも静かに、ただポンとある。


そこには微細で繊細な感覚や、そこにしかない想像の視覚的な世界がある。


音楽は聞こえない。がしかしなにかのリズムのようなものが、自分自身のなかに、無意識に流れているもののうえに乗っかかってきたりする。



そういえば人間は鼓動しているし、頭のなかで考えたりしてる言語も、しゃべり言葉も、瞬きするのも、歩くスピードやそのとき伝わる振動も、呼吸するのも、
なにかのリズムのようなものだ。

個人個人そこに各々のリズムがある。



ひとは知らぬ間に自分のリズムを持っている。





本はとても繊細で微弱な電波のようなものを出している。

とかく理性やモラル、知性に対してアクセスすることが多いかもしれない。




いまの世の中、微弱で繊細な種々事柄は、そうではないその対極の、ガサツで鈍重で、質の悪いだけの”速さ”やそれら”長きもの”が包摂しているかのような、
なにかそれらが前提にでもなっているかのように思わずにいられない。



大は小を兼ねる…とでも言いたげな、
小なんだから大に兼ねられて当然だ、というようにもみえる。



大は小を軽視している。

”大”は世の中の流れのなかでの多数派、多数的という、ただ人数が多いというだけのことに他ならない。


ひとつの形勢であり、必ずしも数の多さがイコール、正しいというわけではないのは当然のことでもある。


また、この場合の、”大”と”小”はそもそもマッタクの別もの、比べあうような類のものではないはずだ。







自分の欲するものを得ようとするなら、
ネットの動画の方が言いたいことが纏められていそうだし、便利で効率的かもしれない。

読まなくとも、聞いていればいいし親切だ。


映画の方がクリエイティビティに溢れ、なにか豊かな気持ちになれそうだ。


或いはテレビのほうが、バカ笑いしたりしてストレスを発散できるかもしれない。



本はときどき、いやしばしば、自分が求めたり、求めようと思っていることに直結しない要素がたっぷり織り込まれてある。
本を読むのはなかなか時間を費やす作業だ。


他者の温度感や声も聴こえず、次第に周りが静寂に囲まれ、たいていのひとが嫌がる孤独の領域に近いような場所に位置する空間かもしれない。







それでもあなたは本を読もうとするだろうか。

本にはいったいなにが書いてあるのだろう。

そこに、いったいなにがあるのだろうか。



スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちは

読書の魅力 魔力とは

語られているとおり

周りも自分も次第に薄れ

その本の世界にと

呑み込まれてしまうことかもしれませんね

たぶんそんなことから

ボクは本を読むことをやめられないのかもしれません

中毒ですね 現実逃避からのw

  • 投稿者: いちごはニガテ
  • 2013/12/15(日) 12:17:07
  • [編集]

djangoさん。こんばんは!!^^

私は、本が無くなるのはイヤですぅー!!^^;理由は、私の勘(?)では、①本は目がチカチカしない。②自分だけのイメージ(?)を描ける。(受け売り気味)、からです!!^^

  • 投稿者: くわがたお
  • 2013/12/16(月) 00:34:17
  • [編集]

こんにちは


コメント戴きましてありがとうございます。

本にはあらゆる要素がたくさん含まれているのが魅力ですね。


そのなかでなにをどう抽出するかというところはまた個人個人相違がありそうですね。

  • 投稿者: django
  • 2013/12/18(水) 13:03:11
  • [編集]

こんにちは

> djangoさん。こんばんは!!^^
>
> 私は、本が無くなるのはイヤですぅー!!^^;理由は、私の勘(?)では、①本は目がチカチカしない。②自分だけのイメージ(?)を描ける。(受け売り気味)、からです!!^^




コメント戴きましてありがとうございます。



自分のタイミングやペースで関われるという魅力がありますね。

わたしもなくなってほしくないと思ううちのひとりです。

  • 投稿者: django
  • 2013/12/18(水) 13:08:31
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する