FC2ブログ

政治とは

  • 2014/03/15(土) 23:23:09

株価だけを上げておいて不満のカタマリにならないように布石を打っておき、
自分たちの税金をとることの目的は着々と遂行する。
そこだけはブラさない。

あんまりあからさまに明るさや希望がない状況で、めちゃくちゃ不景気なのに増税して叛乱精神に火をつける人間がでてきては困るから。

表面上は景気がいいと誤魔化せていると考える。

また多くのひとがそれに誤魔化されてしまう。
テレビや各メディアは今ならオリンピックとかお笑いやスポーツしか流さず肝心なことは報道しないようにしているのも、もういつものことだ。


体制は気づかれるのが困る。
知られて問題意識を持たれ、それが不満になるのがいちばん怖い。

しかし一般的な感覚はいつも強者が作り出す宣伝や策略にすっかり乗って享楽し楽観的になってしまう。


ひとは気分の悪いことが嫌いなわけで、
故に気分を害しそうなことは避けがちになる。
いちいち自ら首を突っ込んで気を揉むより他に楽しいことでもしようとする。


あるていど、プレッシャーをかけないと、世の中は強者の思うままに事を運ばれてしまう。

自分の人生を他人にコントロールされて、ヘラヘラしているようでは話にならない。

なににしても意識が大切であると思うよりほかはない。


意識。
享楽のなかからはなかなかでてこない。

といっていつも凝り固まったペシミズムのなかで生活するのもあまりに貧しい。

けれどある程度の注意、やはり意識する、という心づもりが大事だ。



まずはその少しの気づき、意識からでも為政者や役人に対してプレッシャーをかけなければならない。


056.jpg









スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する